Aisea

あらゆるデータを活用し、新しい海の世界へ

導入事例

機能紹介

  • 01 レーダーモード RADAR MODE

    お互いの船が操船し続けた場合の衝突時間予測表示をリアルタイムで実現しており、警告情報の通知を行います。自船を中心に指先で拡大縮小が可能なため、他船や陸地との距離感もインタラクティブに認識可能です。

  • 02 プロッター機能 Map editor and reporting tool

    工事エリア、危険エリア、小さなブイなど様々な情報を設定・発信することができ、その使い方はユーザー次第。プロッターで配置された領域もAiseaのレーダーは感知し注意喚起を促します。

  • 03 航路の記録と再生 Voyage playback

    自動的に運航履歴を記録でき、アニメーション再生で航行の参考資料として利用することが可能。DB化で自動航行の仕組みへの展開や、輸送技術への応用も可能となっています。

  • 04 管理画面 Fleet management

    別途法人契約を行うことで、船の状況をリアルタイムで管理でき、従業員、取引先企業の船舶のマネジメントを実現します。タブレット端末、PC、スマートフォンの連携で効率的な業務推進を行えます。

  • 05 船舶情報の取得 Vessel tracking

    AIS搭載船、アプリ利用船の状況をわかりやすくリアルタイムで可視化しており、独自のネットワーク範囲を計画的に広げていきます。

  • 06 バーチャル無線 In App Push-To-Talk

    アプリ利用者同士での通話と、工事プロジェクト単位、法人単位でのグループ無線や緊急時の通報も可能にしています。

Aiseaのご利用、
お問い合わせはこちら

  • 全ての船舶を
    データで把握する

    法人向け船舶管理

    Aisea プロフェッショナル

  • 快適で安全な
    航行を支援する

    一般向け小型船航行支援

    Aiseaアプリダウンロード